6月20日は「ペパーミントの日」です。

今年の6月20日は木曜日なので、22日の土曜日に北見ハッカ記念館・薄荷蒸溜館で、
・北見産ハッカを原料にしたチョコミントアイスやハッカ蒸留水の販売!
・ハッカを使ったミントティーやハッカ水の試飲!
・天気が良ければ、屋外でフレグランス体験「ぷち」実施!
*ハッカ記念館で抽出したハッカ油を香りづけにしたハンドクリーム作りです。
など、ハッカに因んだイベントを開催しますので、ご来場下さいませ。
ペパーミントデーちらし

そもそも、なぜ6月20日がペパーミントの日なのか調べてみました・・・。
1987年(昭和62年)に北海道北見市で薄荷でまちづくりを展開してきた『まちづくり研究会(通称:まち研)』が制定しています。過去の資料を読むと、北見市で好天率が高く爽やかな気候で6月。20日とハツカを掛けて、6月20日をペパーミントの日に制定したようです。
そして、1987年の6月20日には、まちづくり研究会が企画した薄荷にこだわった各種イベントが一番街商店街を会場に実施されました。

その資料によると、6月20日の13時、北見吹奏楽団のファンファーレでスタート。
ミスペパーミントにより「毎年6月20日をペパーミントデーに制定します。」と宣言された事が記録に残っています。

気になるイベント内容は、ヤマハのミントというバイクが当たる抽選会や、女満別ー東京の往復航空券がプレゼントされるミントクイズ、ペパーミントコンサート、薄荷の苗の無料配布など、薄荷にこだわったイベントでありました。


因みに、北見市のゆるキャラとしてお馴染みの「ミントくん」も、このタイミングで誕生しています。
初代ミントくん
因みに、現在のミントくん(左)はこちら (右は妻のペッパーちゃん)
みんとくんぺっぱーちゃん(オリジナル)

北見の開拓から、マチの歴史に欠く事が出来ない程密接な作物であった「ハッカ」!
この機会に、是非 ハッカ記念館で体感ください。

★ペパーミントデーを調べるに当たり、「まちづくり研究会の事務局長様(当時)」より、貴重な資料をお借りし勉強させていただきました。この場をお借りしてお礼申し上げます。

大空町や滝上町の「芝桜」湧別町「チューリップ」網走市「フロックス」 など、
ひがし北海道の花観光のシーズン到来を飾るのが


「おんねゆ温泉 つつじ祭り」!
店市村係長提供
<おんねゆ温泉「つつじ祭り」情報>
期間:2019年5月3日(金)~5月6日(月)
会場:北見市留辺蘂町花丘 おんねゆ温泉 つつじ公園
問合せ先:おんねゆ温泉観光協会(電話:0157-45-2921)
2019おんねゆ温泉 つつじ祭り 案内WEBページ

つつじ祭りの期間から、花が散った後も美しい 葉つつじ の頃まで、温泉街の東側にある つつじ山 を中心に花と風景、花と人、お祭り風景の一場面などの切り取った作品のフォトコンテストを実施します。

募集テーマ
①つつじの花のある風景
つつじの花はもちろん、花が散った後の「葉つつじ」やつつじ山の風景。
②花と人、祭りの風景
つつじ山やお祭りの特設会場にて、家族や友人など花と過ごす人を中心にした風景。

募集期間
2019年4月24日(水)~5月31日(金)<必着>

応募点数
お一人様、各テーマ5点まで

応募費用
無料

賞品
最優秀賞~おんねゆ温泉1泊2日ペア宿泊ご招待券 2館分
優  秀  賞~おんねゆ温泉1泊2日ペア宿泊ご招待券 1館分
入        選~おんねゆ温泉特産品詰め合わせ

*応募いただいた作品の返却はいたしません。

応募方法は2通りあり、
作品を直接「郵送」していただく方法と、PC又はスマートフォンから画像データを「E-Mail送信」していただく方法です。

「応募用紙」や「画像データサイズ」など、 おんねゆ温泉「つつじ山」フォトコンテスト の詳細は以下のWEBよりご確認ください。
http://www.onneyuonsen.jp/WMS_WEBALBUM/1555564839.94808900.pdf

本企画のお問合せは
有限会社ボドニ (担当:井上)
E-Mail:onneyu@bodoni-inc.com
電話:011-219-1714
受付時間:平日10:00~16:00(土・日・祝日は除く)

沢山の作品応募をお待ちしております!
以下は、おんねゆ温泉「つつじ山」の過去の画像です。
つつじ山(№1)市村係長提供

花のトンネル看板

DSC_0273


北見ハッカ記念館では、北見ハッカを自分で蒸留して抽出した油を香り原料にしたアロマクリーム作りの体験プログラムが好評です!(体験プログラム名は『フレグランス ハッカ蒸留体験プログラム』)
*体験プログラムの詳細は、以下PR動画(YOUTUBE)で確認できます。
https://www.youtube.com/watch?v=RhKljpouQzM

ただ、3日前までに予約が必要だったり、所用時間が約90分と少し長い事も有り、「もっと、手軽に北見ハッカを体験したい!」というリクエストに応えて「フレグランス体験 プチ」の体験プログラムが、整いましたのでご案内いたします。

「フレグランス体験 プチ」は、予約不要所要30分体験料1,000円(お一人様)と、気軽に体験できる内容となりました。
*一度に体験できる人数は限られているので、事前予約いただくことが望ましいです。

どこが「プチ」になったかといいますと、基本プログラムではハッカを小型蒸留器にご自身で詰め込んで、油(ハッカ油)を抽出する作業から体験いただいてましたが、油はハッカ記念館(蒸溜館)で抽出した物を使っていただく事で、時間を短縮することにしました。

体験会場のハッカ記念館では、通年で公開している「ハッカの水蒸気蒸留実演」の近くで体験をしていただくので、北見ハッカを体感する点でも満足してもらえると思います。
DSC05082
(通年でハッカの水蒸気蒸留の実演をしている蒸溜器)

フレグランスショートVer3
(フレグランス体験 プチ イメージ)

90分の基本バージョンの持ち帰り品は、大サイズ1個と小サイズ2個のアロマクリーム作りですが、「フグランス体験 プチ」は大サイズ1個となります。

フレグランスショートVer2
(フレグランス体験 プチのお持ち帰り品イメージ)

北見ハッカの「和種ハッカ」と、お好みの香りをブレンドするのがおススメです。

フレグランスショートVer1
(香りづけ用のエッセンシャルオイルは、季節によって変えていくそうです)

フレグランス体験 プチで、「北見ハッカ」を気軽に体感ください。
沢山のご来場をお待ちしております。

【北見ハッカ記念館基本情報】
住所:北海道北見市南仲町1丁目7番28号
開館時間:9:00~17:00
休館日:月曜日・祝日の翌日・12/30~1/6
(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日は休館。金・土曜日が祝日の場合は開館し、翌日も開館します)
入館料:無料
*入館料は無料ですが、体験は有料です。
駐車場:乗用車15台・大型バス3台(いずれも無料


↑このページのトップヘ